脊柱管狭窄症の方へ

 

chiropractic office
姿勢から様々な不調を解決する相談所

TBSテレビ「水トク!」今夜限定!

美の若返り 激変バックエイジングなど

各種メディアに取り上げられている

カイロプラクティック

M式整体

ご提供しています。

 

 

 

この様な症状
お困りではありませんか?

  • 腰が痛くて歩くのもつらい
  • ちょっと歩くだけで休憩をしなければならない
  • 足の方へビリビリする
  • お腹まで痛い
  • 便秘もしくは下痢
  • 尿漏れがひどい
  • 腰を触ると左右出っ張っている
  • この1年で2回以上ぎっくり腰になった
それはゆがみ
強くなっているサイン
かも・・・

 

体験者の声

症状が出た原因
脊柱管狭窄症は50代以降に多くみられる神経障害です。
多くの場合が変形性の関節炎を併発し、退行性変性と言われる骨が腐ったような状況がほとんどです。
つまり脊柱管だけでなく、そのエリア一帯を改善させるつもりでなければ改善のしようが無いと知ってください。
仮に手術をしたとしても原因を取り除いたわけではないので他の症状で悩むケースを多く見てきました。
では何を行うべきなのか・・・。
自律神経を整え、血管を拡張しやすい状態を作り、脊柱自体に栄養が届きやすくすること。
そして脊柱の捻じれなどを正確に分析し、力学的な負担を減らす事です。
それ以外に改善させる術を私は知りません。

 

当院の施術法

当院の施術はゆがみの調整、神経が敏感で症状が出やすい方に多い交感神経に偏った自律神経の乱れの改善です。

ハイテク医療機器と手技療法によって、背骨の歪みによって神経の働きを阻害している箇所に働きかけ、根本的な組織の自然治癒を促す施術を行います。

当院の事をもっと知りたい方は

≫トップページ≪

をご覧ください

 

いきいき鳥栖北整骨院
が選ばれる理由5選

1. 丁寧な問診で人生をみてくれる

現在の痛みや不調は生活習慣過去の怪我・病気が大きく関係しているため、初診時に30分以上をかけて患者様の身体の中で何が起こっているのか、患者様の身体の状態を詳しく診察していきます。

そしてM式整体の施術の内容や施術計画について十分な説明をいたします。

 

2. しっかりとした検査で原因を明らかにしてくれる

目では見えない身体の状態を医学的・科学的に正確に把握するため、提携先クリニックにて医師のご協力のもと客観的な検査をお願いすることがあります。

また、触診だけでなく、カンや経験に頼らない理学的な姿勢・関節可動域・筋持久力などの検査を通して、患者様の感覚に依存せず客観的な検査データで改善度を計ります

 

3. 最先端の自然治癒力を高める施術

施術者によって強さが変わらない最先端のコンピューター制御の治療器を用いて、苦痛のない安全・安心のソフトな刺激で骨格・神経や筋肉へアプローチし、骨格(姿勢)と機能(神経や内臓等の働き)を改善させます。

「ここに異常があるよ!」という神経伝達の阻害を改善させ、本来備わっている自然治癒力を最大限に引き出します。

マッサージやストレッチなど筋肉だけを揉み解すような施術や、関節をバキボキ鳴らす危険を伴う施術は一切行いません。

 

4. M式整体は病院とタッグを組んで本気で勝負する治療法です

体の中の状態を調べる事が得意なのが病院です。
しかし、医師は投薬・手術・検査以外は専門外なのです。
医師の専門である検査はお任せして、専門外である“整える”ということを私が行います。

 

5. 重傷患者様からのお問い合わせが多い

重傷者になるとちょっと筋肉を触った程度のマッサージでは変化しません。
重傷な方も骨格と神経をベースに調整することで、自然治癒力によって徐々に体が変化していき安定化します。
特にとんでもない既往歴をお持ちだけれど、『手術は避けたい』という思いの方がご通院されています。
【例:90歳男性】

 

営業情報

専門:提携クリニック協力の元、頭部~骨盤までのゆがみを整えます。

効果:ゆがみが原因である症状や組織的な異常の改善・自律神経の乱れ・姿勢の改善

※現在日曜日の受付は行っておりません。

完全予約制

インスタグラムにて情報発信中!

Instagram

(クリックするとサイトへ進みます)

施術の流れ

①初回はカウンセリング・説明・体験

初回ご来院して頂いた方に詳細をお伝えします。

いきなり矯正を行うのではなく、ゆがみが起こった経緯や現段階の状態をカウンセリングによって把握してからスタートしていきます。

矯正の内容方向性守るべき注意事項などをしっかりお伝えします。

そして体験を受けて頂き、ご納得いただいた方は2回目のご通院へご案内いたします。

ニーズが合わなかった場合はご通院をお断り頂いて大丈夫です。

②2回目は病院の検査を元に分析・方針決定

提携病院で検査を行い、医学的所見を元に矯正ポイントを決定します。

(検査提携先:鳥越脳神経外科)

※提携は検査のみとなりますので、病理診断・薬の処方が必要な方はご自身でお申し出ください。

※柔道整復師は診断権が無いため、当院では病理に基づく確定診断は行いません。

 

③15回は集中的に詰めて行います

効果を最大にさせて早く回復させたい方は3日に1回、通常の推奨は週1回で行います。 

効果の出方は遅くなりますが、金銭的な問題がある方や遠方の方は2週間に1回の施術を承る事ができます。

通院間隔についてはご相談ください。

④16回目以降はゆっくり通院を選ぶことができます

 

症状が50%以下まで回復した人は、2週間に1回の通院に切り替えることができます。

しっかりと通いたい方は週1回を継続して頂いても構いません。

15回前後あたりから安定し始める方が多い傾向です。

 

⑤30回目で再度病院の検査を元に分析・比較

30回目で再度提携病院で検査を行い、現状を確認します。

通院が前提ですが、強要することは一切ありません

施術の価値をその肌身で感じ、「頑張って治したい」「健康を維持したい」と思っていただいた方にだけ継続していただく様に務めております。

 

以下の方は当院では

承ることができません

  • 他の整骨院・マッサージ院などを併用したい方(病院はOK)
  • 健康保険の施術が希望の方(現在は受け付けておりません)
  • 現在入院中の方(医師の許可が必要です)
  • 興味がある程度で通院の意思は最初から無い方
  • 1回で症状が楽になる所を探している方
  • 敬語が使えない方
  • 自己流健康法を貫きたい方
  • 気持ちよさのマッサージ、ボキボキ系の整体を求めてる方

不調の出にくい体を作り

人生を謳歌して

生きましょう

 

体験案内

「自分の健康を大切にしたい」

というお気持ちの方へお届けます

毎月15名様限定で

2000円(込)

(通常はカウンセリング料2200円+施術料3300円です)

「HPを見ました」とご連絡ください。
このキャンペーンページが表示されている間は定員を満たしておらず、特別価格でご提供可能です。
初回所要時間はカウンセリング・詳細説明・施術(体験)となり、60~90分です。
2回目以降は施術料3300円となります。

時間外予約・電話が苦手な方は

LINEメッセージにて承ります。

ペイペイ・とっとちゃんペイもご利用いただけます

 

皆様からよくいただく質問
女の先生はいますか?
現在男性の先生のみになります。
持ってくるものはありますか?
施術ベッドの顔あての為にハンドタオルもしくはハンカチをご持参ください。 お洋服は施術を受けやすい格好、ウェストがゴムのズボンでお願いします。
保険は使えますか?
保険は適応外です。
当日予約は大丈夫ですか?
当日のご予約は空きがあれば承ります。
忙しくて間がだいぶ開いてしまいました。また診て頂けますか?
はい、大丈夫です。 2か月以上開いた場合はお電話にて「久しぶりになります」とお伝えください。
セルフケアはありますか?
嗜好品の制限や運動・休養・栄養のバランスをとってもらいます。
整形外科や他の整骨院と併用はできますか?
現在病院など医療機関へご通院中の方は併用して頂いて結構です。 マッサージや他の整骨院等などの併用は避けて頂き、この施術に集中して頂くように心がけて頂いております。
カイロプラクティックは整体・整骨とは何が違うのですか?
普通の整体は流派によって異なりますが、筋肉を中心として血流を改善させる施術が一般的です。 整骨は基本的に柔道整復師という国家資格所持者が急性外傷を保険を使って施術を行います。慢性症(肩こり・腰痛など)は保険適応外となります。 カイロプラクティックは海外では医師がレントゲンなどを元に行う骨格と神経への治療です。日本では法整備が進まず、整体とカイロがごちゃ混ぜになっている現状です。 当院では指示・診断行為を行わないことを大前提とし、提携病院のご協力の元、柔道整復師として国内でできうる限りのことを自由診療で提供しています。
1回で治りますか?
いいえ、人の細胞はすぐには修復しませんので通院が必要です。 子供の学力向上の成功曲線の様に体質は変化するものです。 まずは3か月頑張ってみてください。

トップページを見る

初めての方へ

初回の流れ

Instagram

よくある質問

院情報・アクセス

おすすめの施術

≫クリックすると症状別ページへ移動します≪

交通事故・むち打ち
首や肩の痛み
腰の痛み
子供の体調不良・起立性調節障害
産後の骨盤・マタニティ整体
ぎっくり腰
ヘルニア
脊柱管狭窄症
シンスプリント・オスグッド・成長痛
膝の痛み・変形
股関節痛・変形・坐骨神経痛
緊張性頭痛
耳鳴り
顎関節症
四十肩・五十肩